見えるページ(^^)見えないページ(>_<) 1

私は素材やをやっている手前、いろいろなジャンルの方から
HP開設のお知らせをいただきます。
お返事がなかなか出せなかったり、書き込みが出来なかったりも多いのですがm(__)m
必ず一度は見に行っています。

でも見えないページに出会うことも結構あったりします。
で、こんな場合は見えない(>_<)という例を書いておきます。

・URLが間違っている
 あたりまえのような話ですが、教えてもらったURLが違うってことが
 実は初心者の方には結構あるんです。
 メールアドレスやURLはあらかじめ辞書に単語登録をしておくと間違いもなく便利です。
 私の場合「あど」でメールアドレスが「hp」でURLが変換されて出てくるよう設定しています。
 余談ですがIME2000になったら単語登録の品詞に「顔文字」という項目が増えてました。
 こちらも大いに活用しています\(^o^)/←これは「ばんざい」です。

・サーバーとあなたのPCの違い
 ホームページのサーバーがUNIXというOSの場合、
 あなたの使っているPC(以下ローカルPCとします)では
 動作や表示の確認時ちゃんと動いていても、
 ウェブ上にアップロードしたら見ることが出来ない場合があります。
 ウィンドウズの場合、リンク先のファイルtest.htmlを
 Test.htmlで参照しても見ることが出来ますが、
 UNIXは大文字小文字を判別し違うファイルとみなします、気をつけましょう。
 またディレクトリ(フォルダ)の区切りに\を使うと
 インターネットエクスプローラー(以下IEとします)では参照できますが
 ネットスケープナビゲーター(以下NNとします)では参照できません。
 この場合、ローカルPCではNNでも参照できるので見落としがち・・・
 \は使わず/にしましょうね<特にタグでHPを作っている方。

・画像ファイルがローカルPCを参照している
 これはHP作成ソフトを使ってる方に多く見受けられます。
 画像やリンク先を指定する際、ローカルPCのファイルを指定してしまうと、
 ネット上でも多分あなたは見ることが出来ますが
 他の人からは空白マーク(画像がないよという印)やリンクが繋がらなかったりします。
 HTMLのソースではfile:///ドライブ名〜/ファイル名.xxx となっています。
 画像が出ないとかリンクが繋がらないとか言われたら
 そのような指定をしていないか確認したほうがいいかもしれません。

一つ戻る   次へ

HOMEへ戻る